終売Nere Calderara Sottana Etna Rosso 12 テッレネレカルデララソッタナ 限定入荷

  • 商品コード41778

終売Nere Calderara Sottana Etna Rosso 12 テッレネレカルデララソッタナ 限定入荷

商品備考1 商品コード:41778
数量 (本)

Nere Calderara Sottana Etna Rosso 2012

 テッレネレカルデララソッタナ 限定入荷

カルデラ―ラ・ソッタナの単一畑。全ての単一畑の長所をバランスよく持ち合わせたワインで、調和がとれている。官能的な果実と強いミネラル、10年の熟成を経て、色調はレンガ色。非常に上品な単一畑。マホガニー色を帯びた淡いルビーレッド色。熟した果実やスパイスを伴う、リッチで華やかなブーケ。リッチなタンニンを持ちフルボディ。複雑味のある味わい。

土壌:火山性、非常に石質、軽石、玄武岩、灰が少ない。
露出:海抜600〜650メートルのエトナの北側 ブドウ畑の年齢50〜100年


コルクの種類: 天然コルク。

  • 生産者: テッレ・ネレ Terre・nere 
  • 地域: シチリア
  • アルコール度数: 13%
  • タイプ: 赤
  • 品種: ネレッロ・マスカレーゼ98%、ネレッロ・カップッチョ2%
  • 熟成: フレンチ・オークのバリックとトノーで16~18ヶ月間
  • 飲用適温: 16-18°C
  • ワイナリー情報:

    マルコ・デ・グラツィア、セバスティアン・デ・グラツィアの両氏が惚れ込んで自ら購入した畑。屈指のテロワールを持つと言われるシチリアの中でも最高の土地を求めた結果、このカターニャ県に属するエトナ火山の北方斜面に位置する畑に出会いました。フィロキセラに犯されていない、非常に樹齢の高いブドウの樹を見つけることの出来る唯一の土地でもありました。TERRE NERE(テッレ・ネーレ)とは『黒い土壌』という意味であり、岩石のごろごろした火山灰土壌で黒いことから命名されました。エトナ山の50万年以上に渡る噴火活動の結果、非常に多様で特殊な土壌を得たこの一帯は、ブルゴーニュ地方のそれに良く似て、畑による特徴の違いが顕著であり、それぞれの『クリュ』を語ることが出来ます。パワフルで筋肉質のワインが多い他地域のシチリアワインと比較してもエトナ周辺は素晴らしいフィネスを持ったワインを産出できるのです。
    2000年以上もの歴史を持つ重要なワイン生産地エトナ。デ・グラツィア兄弟はそのテロワールを最大限に生かしたワイン造りを目指しています。