「ファレスコ」のフラッグシップ「モンティアーノ」2019年入荷しました。『ガンベロロッソ』トレビッキエーリ獲得。
『ヴェロネッリ』『ビベンダ』で最高賞、『ルカマローニ』98点、『ドクターワイン』98点獲得。

イタリアの6つの評価誌『ガンベロロッソ』『ヴィタエ』『ビベンダ』『ドクターワイン』『ヴェロネッリ』『ルカマローニ』の総合得点ランキングを発表する『ジェントルマン』誌、モンティアーノ2019年はサッシカイアに続き総合第2位に輝いています。
圧倒的な凝縮感と骨太な骨格。厚みのある果実味ながら驚くほど柔らかい口当たり。「メルローの魔術師・リカルド・コタレッラ」が手掛ける偉大なメルローです。


あのリカルド・コタレッラが手掛けるモンティアーノ。2015年国際エノロゴ連盟会長に就任したリカルド・コタレッラ氏。名実ともに国際的醸造家ですが、そのコタレッラ氏の名を世に知らしめたのが、この「モンティアーノ」です。白ワインで有名なラツィオで、単一畑モンティアーノで育ったメルロー100%のワインを1993年にリリースするとイタリア国内外で評判となり一躍ファレスコとリカルド・コタレッラの名が広まりました。



「ファレスコ」のフラッグシップ国際品種メルロー100%で造られる「モンティアーノ」。バリック熟成によるヴァニラ香がはっきりと香り、リッチさを演出します。

口に含むと、その凄さがすぐにわかります。桁外れの凝縮感、分厚い果実味と柔らかな酸味がしっかりと溶け込んでいます。

アフターも長く、メルローの柔らかい果実味と優しいタンニンが続きます。

リッカルド コタレッラと、アンティノリのCEO兼醸造責任者レンツォ コタレッラのスーパー醸造家兄弟が追求する飲み心地の良さがはっきりと表れた1本です。





Falesco Montiano 19 ファレスコモンティアーノ

  • 商品コード40902

Falesco Montiano 19 ファレスコモンティアーノ

商品備考1 商品コード:40902
数量 (本)

MONTIANO

 モンティアーノ

美しく輝きのあるやや黒色を帯びたガーネット色。完熟した赤い果実やジャムの豊かな香りに、リキュール、ペッパー、バニラ、甘草、トーストしたオーク、カカオなどの複雑でグラマーなアロマ。

口当たりは滑らかで甘味があり、リッチでエレガント。黒い果実の完熟した味わいに上質なタンニンと豊かな酸の余韻が長く続く複雑で豊潤なフルボディ。


コルクの種類: 天然コルク

  • 生産者: ファレスコ-FALESCO 公式サイト
  • 地域: ウンブリア
  • アルコール度数: 15%
  • タイプ:
  • 品種: メルロー 100 % 
  • 熟成: ヌヴェール とトロンセ産 のバリックで 12 ヶ月、瓶内熟成 12 ヶ月熟成
  • 飲用適温: 16‐18℃
  • ワイナリー情報:

    兄リカルド・コタレッラ。1948年ウンブリア州テルニ県オルヴィエート生まれ。醸造学校を卒業後、オルヴィエートのワイナリーで醸造をスタート。81年からフリーでの活動を始めるやいなや、醸造家として頭角を現し、カンパーニア、シチリア、ラツィオ、マルケなど、当時無名だった州を中心に近代的なスタイルのワインをリリース。世界的なイタリアワイン・ルネッサンスの立役者にして、「魔術師」「天才」とも形容される、現代イタリアを代表する醸造家の一人。2001年ガンベロ・ロッソ「ベスト・ワイン・メーカー」、同2001年ワイン・エンスージアスト誌「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」、2002年イタリアソムリエ協会「ベストイタリアンワインメーカー」に選ばれる。2013年にはイタリア醸造家協会会長、そして2015年には国際エノログ連盟会長に就任。弟レンツォ・コタレッラ。かのジャコモ・タキスの跡を継ぐマルケージ・アンティノリのチーフ・ワインメーカーであり同社CEO。2001年ワイン・エンスージアスト誌では兄リカルドと共に「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、現代イタリアワインを牽引する存在の一人。ファレスコワイナリーは、コタレッラ兄弟により、1979年ラツィオ州モンテフィアスコーネに設立。これまで不当に忘れさられていたとも言える土地のテロワールを表現すべく、1989年にはエスト!エスト!!エスト!!!ポッジョ・ディ・ジェルシを誕生させ、1998年にはフェレンターノのリリースにより、ロシェット品種に関する20年の長きに渡る研究が結実しました。また、1999年には故郷ウンブリア州のオルヴィエートの南に260haの土地を取得し、10,000㎡のワイナリーを建設。現在はラツィオとウンブリア、州境近くの伝統的に葡萄栽培に適しているとされてきた丘陵地域に畑を有し、ラツィオ州ではモンテフィアスコーネとボルセーナ湖の間に位置する地域でロシェット、アレアティコ、トレッビアーノやマルヴァジア等の土着品種に加え、メルロー、シラーやヴィオニエ等の国際品種を栽培。ウンブリア州ではモンテッキオに拠点を置き、メルローやカベルネ、サンジョヴェーゼ、ヴェルデッキオやヴェルメンティーノ、更には40種類以上の実験品種を栽培。数々の輝かしい受賞歴に甘んずることなく、自らの郷土のテロワールと葡萄が持つ個性を最大限に引き出すことを目指し、飽くなき情熱でワイン造りを続け、最高級ワインからデイリータイプまで幅広いラインナップで、突出した品質とコストパフォーマンスを誇るワイナリーです。