特価Riondo Casalforte Spumante Biologico リオンドカサルフォルテスプマンテ

  • 商品コード41733

特価Riondo Casalforte Spumante Biologico リオンドカサルフォルテスプマンテ

商品備考1 商品コード:41733
数量 (本)

Riondo Casalforte Spumante Biologico
 リオンドカサルフォルテスプマンテ 

ヴェローナの南東にあるイッラージ渓谷は、アルプ スからの風が吹き込む冷涼な場所。風味を損ねな い様にステンレスタンクにて醸造。 グレープフルーツやベルガモットの爽やかな香りの 辛口。4.3気圧と力強く、持続性のある泡。

コルクの種類: 天然コルク。

  • 生産者: Cantine Riond カンティーネ リオンド
  • 地域: ヴェネト州
  • アルコール度数: 11%
  • タイプ: 泡
  • 品種:  ガルガネガ主体
  • 熟成: ステンレスタンク
  • 飲用適温: 8-10℃
  • ワイナリー情報:

    火山性土壌こそがソアヴェの個性 リオンド社はソアヴェのクラッシコ地域、リオンド山 の麓に本拠地を置く。それ故、ソアヴェに対しては並々 ならぬ拘りを持っている。 本来、ソアヴェは火山性土壌の丘から造り出される、 ミネラル豊かな辛口のワインであった。1970年代にアメ リカ市場で人気が出たソアヴェは、需要に応える為に、 栽培地域の規定を大幅に変更した。栽培面積は本来の丘 900haから、平地にまで広げ7000haにしたのである。平 地から造られるソアヴェは、本来の味わいと全く異なり、 ソアヴェの評判を下げる事となってしまったのである。 リオンド社が造り出すソアヴェの殆どは、コロニョー ラ・アイ・コッリという丘から産まれる。クラッシコ地 域ではないが、ソアヴェに存在する33の特級畑の1つで ある、モンテ・ディ・コロニョーラのある場所。もちろ ん、クラッシコ地域と同じ火山性土壌である。


    環境にも優しい醗酵タンク『ガニメデ』 このタンクは、醗酵時に最大限にその力を発揮する。 ブドウが醗酵する際に発生する二酸化炭素を用いて、密 閉した容器の中で、連続的に均等に液体を撹拌する事が 可能な装置で、色素をしっかり摘出し、まろやかなタン ニンのワインに仕上げる。 また密閉している事で、衛生的にも優れており、酸化 のリスクも無いので、亜硫酸塩(酸化防止剤)の使用量 も抑えられる。必要なのは自然発生する二酸化炭素のみ で、電気などの動力に頼らなくても良いという、まさに エコなタンクである。 ガスのコントロールによって、醗酵中に種を取り除い て、余分なタンニンを摘出しない選択も可能となるなど、 優れた機能を持ちながらも、少人数でコントロール可能 なため、人件費削減にも一役買っている。低コストで美 味しいワインを造る際の強い味方である。

    今井正明さんのKAIZEN(改善)がモットー 彼らは、この地域の2000もの栽培農家と契約する協同 組合であり、リーダーである。 より良いチームにする為、サステナブルな企業へと成 長するために、彼らが掲げているのがKAIZEN(改善)と いう言葉。1980年代に日本経済が発展し、世界と競い合 う中で勝ち進んできた経営戦略を綴った、今井正明さん の書であるKAIZEN、日本のメソッドが用いられている。