Castello di Cigognola Bianca 21 カステッロディチゴニョーラビアンカ

  • 商品コード20646

Castello di Cigognola Bianca 21 カステッロディチゴニョーラビアンカ

商品備考1 商品コード:20646
数量 (本)

BIANCA
ビアンカ 

美しく輝くやわらかく淡い黄色。花を想わせる非常にデリケートで凝縮感のあるブーケ。口の中ではバランスが良く、スパイシーで心地よい深い香りが広がる。黒ぶどう由来のタンニン、バランスの良い酸、アロマティックなブーケ、深みのあるフィニッシュを持ち合わせたワイン。

コルクの種類: 天然コルク

  • 生産者: カステッロ ディ チゴニョーラ -CASTELLO DI CIGOGNOLA 公式サイト
  • 地域: ロンバルディア
  • アルコール度数: 13%
  • タイプ: 白ワイン
  • 品種: バルベーラ 90%  シャルドネ10%
  • 飲用適温: 12‐14℃

  • ワイナリー情報:

    ロンバルディア、オルトレポ・パヴェーゼの地に、カステッロ・ディ・チゴニョーラ(チゴニョーラ城)が建てられたのは1212年。以来、中世より約800年間オルトレポ・パヴェーゼの激動の歴史を見守ってきた古城は、故ジャンマルコ・モラッティと彼の妻レティシアの手に引き継がれる。夫ジャンマルコの弟はインテル・ミラノの元オーナーとしても知られるマッシモ・モラッティ、そして妻は元ミラノ市長。イタリア屈指の華やかな系譜を持つ夫妻の溢れんばかりのワインへの情熱と惜しみない投資により、古城は素晴らしいセラーとして新たな命を吹き込まれ、1995年より「天才」「魔術師」とも形容される名匠リカルド・コタレッラを招きワインの醸造をスタート。海抜400mに位置する約30haの自社畑では、果樹の健康と栽培環境への配慮から農薬は使用せず、下草の豊かに茂る中、バルベーラ、ピノ・ネロ、シャルドネの3品種が栽培されている。この土地の持つ可能性に惚れ込んだコタレッラにより見事にテロワールが体現されたワインは、リリースから数々の栄誉ある評価を獲得し、ロンバルディアの新たな造り手として、今後の活躍が益々注目されています。