Vigneti del Vulture Pipoli Bianco 21 ヴィニェティヴルトゥーレピポリビアンコ

  • 商品コード14712

Vigneti del Vulture Pipoli Bianco 21 ヴィニェティヴルトゥーレピポリビアンコ

商品備考1 商品コード:14712
商品備考2 ラベル変更 ガラス栓に変更
数量 (本)

Pipoli Bianco Greco Fiano
ピポリ ビアンコ グレーコ フィアーノ

緑がかった黄色。柑橘類(レモン、ライム)や熟した白い果実(白桃など)の強い香り、フレッシュさを高める酸があり、適度なボディも感じられる。

コルクの種類: ガラス栓。

  • 生産者: ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ - VULTURE 公式サイト
  • 地域: バジリカータ
  • アルコール度数: 12.5%
  • タイプ:
  • カテゴリー: IGP
  • 容量・入数: 750
  • 品種: グレーコ50%、フィアーノ50%
  • 熟成: ステンレスタンクで5~6ヶ月熟成
  • 飲用適温: 12-14°C
  • ワイナリー情報:

    「恵まれた畑とポテンシャルの高い葡萄アリアーニコ」・・イタリア南部に位置するため日中は十分な日照があり、夜は内陸部で標高500m以上と高いため気温がとても低くなって、昼夜の寒暖差が大きくなる。また、何世紀も前におこったヴルトゥーレ火山の噴火により、ミネラルが豊富な土壌がもたらされた。さらにすべてが斜面にあり、水はけがとてもよくなっている。「バジリカータは素晴らしいエリアで、アリアーニコは非常にポテンシャルの高い葡萄。ネッビオーロのような力強さがあり、非常に長く熟成出来る」とデニスは話していた。 「樽へのこだわり」・・樽は、毎年フランスのメーカーを訪問し、一番良い木材を選び、樽の焼き具合も自分達で決めている。また、樹齢の古い板の方がより豊かなテクスチャをもたらすので、出来るだけ樹齢の古い木の板を使うようにしている。樽材は、アメリカンオークを使用する。 「洞窟のセラー」・・町のある丘には500年前の雪の貯蔵用の洞窟を利用した樽熟成用セラーがあり、2011年から使用している。中が非常に涼しく、季節を問わず16~18度程の一定の気温に保たれていて貯蔵に最適。 「ヴェゼーヴォのアリアーニコとの違い」・・カンパーニャのヴェゼーヴォも火山性土壌で、アリアーニコを栽培しているが、カンパーニャはトゥーフォ(火山灰が堆積してできた凝灰岩の細かなパウダー状の土)で、ワインはより複雑なスパイシーさ、エレガントさが備わる。対して、バジリカータは火山性土壌に石灰と鉄分が混ざった土で、ワインは肉厚で骨格あるボリューム感と柔らかさが備わる。 「ラベルは火山」・・火山から溶岩の流れる様子をモチーフ。