Lecciaia Rosso di Montalcino 17 レッチャイアロッソディモンタルチーノ

  • 商品コード10081

Lecciaia Rosso di Montalcino 17 レッチャイアロッソディモンタルチーノ

商品備考1 商品コード:10081
数量 (本)

Rosso di Montalcino
ロッソ・ディ・モンタルチーノ

コルクの種類: コルク。

  • 生産者: レッチャイア - Lecciaia 公式サイト
  • 地域: トスカーナ
  • アルコール度数: 14%
  • タイプ:
  • カテゴリー:
  • 容量・入数: 750
  • 品種: サンジョヴェーゼ・グロッソ(サンジョヴェーゼ)100%
  • 熟成: ステンレスタンクで発酵、スラヴォニアオークの大樽6ヶ月熟成
  • 飲用適温: °C
  • ワイナリー情報:

    トスカーナの三大サンジョヴェーゼのひとつ、ブルネッロを育むモンタルチーノの丘は、ティレニア海から約60km離れた丘陵地帯にぽっかり浮かぶひとつの島のようにも見える。南東部にあるアミアータ山のおかげで豪雨や雹など突発的な天候の変化から守られた温暖な地中海性気候と、春と晩秋にまとめて雨が降る恵まれた気候条件から、酸が高くタンニン等のフェノール類が通常のサンジョヴェーゼよりも豊富なサンジョヴェーゼ・グロッソをじっくり完熟させることができる、この品種のためにあつらえたかのような土地である。ブルネッロを北側斜面、南側斜面、最南端と大きく3つのエリアに分類するならば、ゆるやかな曲線を描く丘の南側斜面では、北側斜面よりも肥えた土壌と、惜しみなく降り注ぐ太陽、風通しの良さから最南端ほど暑くならない温暖な気候に恵まれ、熟した果実としっかりとしたストラクチャーを備えたワインが生まれる。特にモンタルチーノの街に近い丘の中心付近は、第一級の生産者が多いことから分かる通り、優れた畑が集中している。この南側斜面の中腹にある海抜350mのレッチャイアもそのひとつで、東向きに開けた畑はあのビオンディ・サンティと同じ並びにあり、太陽への露出やシストベースの古い粘土質土壌など非常によく似たテロワールを持つ。